カリキュラム体系カリキュラム

ここでは前期課程について紹介します。

3研究領域5科目群の有機的な関連を重視したカリキュラム編成

比較組織ネットワーク学専攻の研究対象は次の3領域です。

  • NPO/NGOなど非営利組織やソーシャルビジネスが可能にするネットワーク社会の運営理論を実践的に研究する「コミュニティデザイン学」
  • 21世紀社会が直面するさまざまな危機に的確に対応できる総合的危機管理の方法論を開発する「グローバル・リスクガバナンス」
  • 社会における組織原理とその歴史的過程を検証・解明し、多様なアクターの連携協働の可能性と組織理論のパラダイム転換を追究する「社会組織理論」

本専攻ではこれら3つの研究領域を軸に、5つの科目群を設定しており、それぞれを有機的に関連させた学際的な授業を通じて、幅広い視野と総合的な判断力を養います。

また、「評価研究」「CSR研究」「平和コミュニティ研究」など今日的なテーマでは、専門科目や相互に関連する諸科目の履修を通して体系的・現実的に学べる工夫をしており、実践的な人材の輩出につながっています。