私が50歳から学び始めたこと

東京メトロポリンタンテレビジョン株式会社 常務取締役 山崎宇充さん

2021/04/26

修了生

OVERVIEW

大学院21世紀社会デザイン研究科を修了し東京メトロポリンタンテレビジョン株式会社 常務取締役として活躍される山崎宇充さんにお話を伺いました。

生涯学び続けること = 目的を持ち続けること

多くの業界で新たな事業創出に従事したことで、一種の“高慢さ”を持ち、他人の意見や論調に耳を貸さず、頭の中で常に持論を展開していた自信家の私は、ウォフォード・カレッジ学長 ベン・ダンラップ氏が語る「生涯学び続けること」(YouTube:TED 2007)を見て、大きく考え方が変わった。「知と経験に対する決して消えることのない不屈の欲求が、思い描く未来の形を作る」という力説が、私の心を動かし大学院に通うという結論に導いたのだ。

身近な社会問題を自分事に捉える

幅広い”知”を求めて、21世紀社会デザイン研究科を専攻したのだが、これが大正解であった。知らなかった、必要ないと思っていた分野に接すると、次第に関心を持ち始め、関連する本を読むとこれが面白い。
当初、50歳で大学院に通うという恥ずかしさがあったのだが、共に学ぶ仲間は20〜70代、経営者に建築家、サラリーマン、OL、NPO主催者、専業主婦など様々で、経験や考え方の異なる面々の意見を聞くことが本当に面白かった。
誰でも、年齢を重ねるごとに「もっと勉強しておけばよかった」と思うのではないか。「学ぶことの楽しさ」、「知ることの尊さ」を教えてくれた大学院での2年間は、今も私の糧となっている。
※記事の内容は取材時点のものであり、最新の情報とは異なる場合があります。

プロフィール

PROFILE

山崎宇充さん

2019年3月修了
東京メトロポリンタンテレビジョン株式会社 常務取締役
立教大学 社会デザイン研究所 研究員

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る